本読み・スピーチ時の震えに対する原因と対策

学校の授業に限らず、社会に出ても何かを『朗読』する機会は少なからずあるかと思います。

人前で何かを読むという緊張を強いられる場ではありますが、これを『恐怖』ととらえるか、『何とも思わないか』は、考え方や心の持ち方一つで変わってきます。

このページでは、主に『本読み』や『スピーチ』などの朗読の際に、緊張してしまう原因や、体や声の震えをなくす為の対策や克服方法を書いていきたいと思います。

朗読時の緊張の原因は?

人前で何かを読む際に、体や声が震えてしまった、頭がパニックになりそうになったなど、緊張からくる様々な症状を体験した方は決して少なくないはずです。

これは、誰にでもなりうる、ほんのささいなことがきっかけで起こる可能性が高いからです。

その原因の一つとして挙げられるのが、『過去のトラウマ』です。

小さい頃や物心ついたくらいに、何らかの失敗から恥をかいた、嫌な思いをしたことなどから、同じような場面を避けたい気持ちになり、どんどん苦手意識が強まってしまうのです。

この考え方を放っておいて強固になってしまうと、なかなか苦手意識から離れられず、大人になっても長い間苦しめられるという、悩ましい症状に発展する可能性があります。

 

他の原因として考えられることは、『他人の評価を気にしすぎる』ことも挙げられます。

よく『完璧主義者』と言われるような人も、このケースに当てはまるかと思います。

他人に良く見られたい、ミスをしなくない、恥をかきたくないなどという気持ちが強すぎると、少しのミスでも極端に反応してしまい、失敗や恥に対する恐怖心が強まってしまうというケースです。

この場合は、自分の考え方や心の持ち方の問題ですから、物事や他人に対する解釈や考え方を変えていく必要があると言えるでしょう。

参考記事:緊張しにくい性格(考え方)とは?

考えられる対策と克服方法

まず『過去のトラウマ』からくる緊張や震えは、原因となったであろう過去の嫌な体験が何だったのかを予測してみることから始めてはいかがでしょうか。

もしかすると、思い出せないほど小さな頃に体験したことかもしれませんので、あくまで『予測』になってしまいますが、少しでも『どんなことがきっかけで苦手になったのか』を知ることが大切です。

次に、その『苦手意識』を克服するためにやることは、『潜在意識の書き換え』や『記憶の上書き』作業です。

苦手意識をなくすのに効果的だとされているのは、簡単に言ってしまえば、『嫌な体験(失敗や恥の記憶)を忘れ、良い体験(成功体験)で上書きして満たす』ということです。

これには様々な方法がありますが、非常に便利なのが『サブリミナルCD』を使った克服方法です。

無意識に湧き上がる不安や恐れは潜在意識から湧き上がり、緊張や震えを誘発してしまいます。

このような潜在意識から湧き上がる緊張や震えを解消するには、潜在意識の中の不安や恐れの記憶を書き換えることが必要です。

CDに収録されているサブリミナルメッセージは、意識に邪魔されることなく直接潜在意識に届き、これを繰り返すことでこれまでの恥や失敗の間違った記憶も「私は人前に立つことが得意だ、自分を表現できることが楽しい」と言うような記憶に書き換えることができることがわかっています。

つまり、これまでにたまった潜在意識の中のネガティブな記憶を、健全で正しい、積極的な記憶に変えていくことができるのです。

CDの詳細は、『あがりに効くCD』を参考にしてみてください。

 

次に、『他人の評価を気にしすぎる』ことに対しての対策・克服方法ですが、これは自分や他人に対しての考え方を変えることが効果的だと思います。

自分に対しては、あまり完璧を求めすぎずに『ハードルを下げる』こと、そして『他人』に気を集中するのではなく、『自分』に集中することです。

これについては『周りの評価を気にしすぎない』を参考にしてみてください。

平常心を保つのに必要不可欠な「セロトニン」

これらの症状を引き起こしているのは、

『セロトニン不足』が原因かもしれません。

セロトニンとは・・・「幸福ホルモン」とも呼ばれる脳内物質の一つで、平常心を保つのに必要不可欠な物質。ストレスを受けるほど消費され、不足しがちになる。

 

手軽にセロトニンを増やす方法として、

「サプリメントによる栄養摂取」挙げられます。

当サイトで厳選したサプリメントは、以下の記事を参考にしてみてください。

緊張からくる不安やストレスを和らげるサプリメント


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ