声の震えの原因と解消方法

緊張した際に声が出づらくなったり、震えてしまうのはなぜ?

極度の緊張状態が続くことで、口の中が渇き、発声に異常が生じます。

これは、筋肉に力が入ることで疲労物質がたまり、痙攣を起こすためです。

つまり、声が震えないように・つまらないように意識しすぎていると、発声に使う筋肉が緊張し、疲労物質が貯まって痙攣が起こるということです。

声の震え・つまりを解消する方法は?

緊張時の声の震えやつまりを解消するための対策として効果的なのは、実は『気にしない』ことなのです。

気にしないというと少し語弊があるかもしれませんが、要は『意識しすぎない』ということです。

そもそも声の震えやつまりというものは、危険に対する生体の条件反射で、人間に備わった一種の機能のようなものなのです。

そのため、その力を無理に抑えようと意識すればするほど逆効果で、余計に症状を強めてしまう結果になりかねません。

つまり、人前で完璧に話そうとすればするほど緊張は強まり、あがってしまう可能性が高まるのです。

多少開き直るくらいの気持ちで、「自分の話なんか誰もちゃんと聞いていない」「少しくらい声が震えてもいいや」と、完璧にこだわらず、気楽な気持ちで本番に臨むことが大切です。

また、実際に震えてしまったときは、重心を下げる意識・体を支えることも効果的です。

  • 緊張や不安を和らげてくれるお薬

緊張や不安を鎮めることによって、震えや赤面、どもりなど、あがり症のあらゆる症状に効果が期待できる薬があります。

いくつか種類がありますが、個人的には『インデラル』をおすすめします。
あがり・緊張を抑える薬でも書いていますが、私自信、この薬のおかげで長年悩まされていた『震え』を克服することに成功しています。

興味のある方はまず過去の記事をご確認ください⇒あがり・緊張を抑える薬

平常心を保つのに必要不可欠な「セロトニン」

これらの症状を引き起こしているのは、

『セロトニン不足』が原因かもしれません。

セロトニンとは・・・「幸福ホルモン」とも呼ばれる脳内物質の一つで、平常心を保つのに必要不可欠な物質。ストレスを受けるほど消費され、不足しがちになる。

 

手軽にセロトニンを増やす方法として、

「サプリメントによる栄養摂取」挙げられます。

当サイトで厳選したサプリメントは、以下の記事を参考にしてみてください。

緊張からくる不安やストレスを和らげるサプリメント


One Response to “声の震えの原因と解消方法”

コメントを残す

サブコンテンツ